歯周病にならないためにも

・歯周病について

歯周病とは、歯磨きが不十分だったり喫煙、噛み合わせ等様々な原因により引き起こされる炎症のことを指します。
初期症状ではなかなか気付くことが出来ず、気がついた時には症状が進行していることが多いです。

歯周病が進行すると歯茎が痩せていきます。
CM等でよく耳にする歯周ポケットも深くなり、歯を支えることが困難になってしまうのです。

様々な病気の原因にもなり、たかが歯周病くらいとバカには出来ません。

・歯周病の症状

最も多いのが歯磨き時の出血です。
歯茎からの出血は歯周病のサインなのです。

舌で触ってみて歯茎が盛り上がっていると感じたら炎症が起きています。
この段階ではまだ痛みを感じないので、放置する方が多いです。

歯茎は健康であればピンク色をしていますが、症状が進行してくると赤く腫れていきます。
この段階になると、歯周ポケットがだいぶ深くなっていて、歯と歯茎の間に歯垢が溜まやすくなっています。
歯と歯茎の間の歯垢はなかなかブラッシングだけでは除去出来ません。 悪化すると、歯そのものも溶け出し隙間も開いてきます。

歯周病によって、他の疾患が引こ起こされる場合もあります。
たかが歯周病と治療を怠ったために、糖尿病や血管障害等恐ろしい病気の原因となり得るのです。

・歯周病予防

ではどうすれば歯周病を防げるのでしょうか?

一番良いのは、定期的に治療を受けることです。
一度歯医者に行くと定期健診のはがきが送られてくることがあります。

これを無視してしまう方も多いのですが、せっかく歯の健康を確かめるチャンスなのでぜひ診てもらうようにしましょう。

そして何より忘れてはいけないのが毎日のブラッシングです。
歯周病治療の歯医者で、藤沢市のゆめの森歯科ふじさわでは、自宅でできるブラッシング指導をしてくれます。
歯医者で正しい磨き方を指導されたらぜひ実行して下さい。
寝る前の歯磨きは特に重要です。
丁寧に隅々までしっかり磨きましょう。

歯茎が元気であるならば、出血などするはずはないのです。
常に鏡の前で歯の健康を自己チェックするのも良いと思います。

・歯周病になったらどうする?

それでもやはり歯周病になってしまう場合があります。
その場合はすぐに治療をしてもらうことが何よりも大事です。

一度歯周病になると、自然には治ることがありません。
予防することは出来ても、自力で治すことは出来ないのです。
そして、治療とともに正しいブラッシングを覚え実行する事でもう二度と歯周病にはならずに済むはずです。

歯周病になること=自分自身の健康を失うリスクがあるのです。
その事を常に心がけ、毎日のブラッシングを丁寧に行いたいものです。